おしゃれな時計ベルトをご紹介します

ベルトは時計のこだわりポイントの1つであり、主に2つのタイプがあると知っておきましょう。革製と金属製の2つがありますが、これらは色や質感などが全く異なっていますし、どちらを選ぶかによって印象が大きく変わってくるのです。革製と金属製のメリットやデメリットを知っておくことにより、時計を購入する時の参考になるでしょう。金属製はコマと呼ばれる金属板を繋げて構成されており、コマの数によって装着感に違いが出てきます。コマの数が多いと柔らかい装着感になり、コマの数が少なければしっかりとした装着感になります。単連タイプはシンプルな見た目が魅力の古典的なタイプであり、バネ棒やネジなどによってコマを繋げています。3連タイプはほとんどの時計メーカーで採用されているタイプであり、最もオーソドックスで扱いやすいことが特徴です。

金属製のメリットとデメリットとは

5連タイプは横5列になったコマを縦に繋ぎ合わせたタイプであり、滑らかなラインを描くことが特徴です。心地よい装着感を実現しますし、多くの時計メーカーで採用されています。7連タイプは5連タイプよりもさらにフィット感が増しており、着け心地を重視する人におすすめです。通気性の良いので夏場でも気持ち良く装着することができるでしょう。9連タイプは丸みを帯びたケースシェイプと装着感に優れており、手首のカーブにしっかり沿ってくれます。金属ベルトのメリットとしては耐久性が挙げられます。金属なので水や汗に強いですし、数十年使うこともできます。また、日常シーンで使うだけでなくビジネスシーンやフォーマルシーンでも使用することができますし、さまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。金属製のデメリットは革製と比べて重いということです。

革製のメリットとデメリットとは

牛革やワニ革など天然皮革によって作られる革ベルトの特徴を知りたい人もいるでしょう。革製の魅力は豊富なバリエーションであり、色や素材がいろいろあります。革の素材だけでも牛革やワニ革、豚の革、トカゲの革、バッファローの革、仔牛の革などさまざまな素材がありますし、カラーリングも豊富です。自身の個性を表現したい場合は革製を選ぶと良いでしょう。珍しい革で作られたベルトはかなり値段が高くなります。革製はビジネス用としてもプライベート用としても幅広い使い分けができますし、天然素材なので軽いこと大きなポイントです。金属製に比べるとフィット感にも優れており、長くつけていても疲れにくいでしょう。しかし、革製はきちんと手入をしないとすぐに傷んでしまうこともあります。

時計ベルトにカラーのクロコダイルなど、常に新しいことに挑戦を続けます。 各店舗でのフェア・イベント情報もご覧いただけます。 斑の美しい高級ワニ革なども全て手作業によって時計ベルトへと変わります。 時計ベルトの他にも財布やバッグなど多くのファッションアイテムを生み出しています。 クロコダイルもオーストリッチも厳選された素材を使用しています。 伝統を守り続けるため最高の製品を手作りしています。 時計ベルトの専門店ならこちら