時計ベルトは素材によって価格が違う

素材が違えば性能も違い、質感や見た目も違ってくるため価格は大きく変わってきます。それは時計のベルトにも同じことが言え、素材による価格の違いがあります。革や金属、ウレタンにナイロンと複数の素材がありますが、特徴も違えは価格も違います。革は、さまざまな動物のものがあり、種類によって値段にも大きな変化があります。金属の場合にステンレスかチタンかで、見た目や重さ価格が違うものになります。このように、同じ系列のものであっても、価格が違ってくるので、購入時には注意する必要があります。交換するときなど、価格帯を知っておくことも重要ですが、特徴もしっかりと把握しておきましょう。きちんと把握しておくことで、購入時に値段の違いなどを気にせずに済みます。

同じ素材でも種類で価格が違います

時計のベルトの素材として、見栄えがいいものとして革があります。しかし、革と言っても一種類ではなく、ワニ革やヘビ革、馬革やカーフなどがあります。ワニ革は比較的高価な腕時計に使用されたり、ヘビ革は高価で美しいものになります。一方でカーフは最も安価なベルトでもあり安く手に入れることができます。このように、一言に革と言っても種類によって、値段が大きく違ってくるものになります。金属の場合は、ステンレスかチタンがあり、ほとんどがステンレスになります。ステンレスのものは安いものでは、中を中空にしているものがあり、高価なものでは中空になっていない無垢ステンレスがあります。また、チタンは、ステンレスに比べて美しさで劣りますが、金属アレルギーの心配がほとんどないことも特徴です。

ウレタンやナイロン製は安いです

腕時計のベルトの素材として、安いものにウレタンやナイロンがあります。ウレタンは、非常に軽く汚れが付いたときでも、簡単に拭き取ることができる点が特徴になります。革のように匂いがつくことも少なく、小傷が気になることもないので、メンテナンスが楽で実用性に優れています。また、値段も1000円ほどからあり、安価で入手しやすいというメリットもあります。一方でナイロンは、軽くて丈夫なだけでなく自分でも簡単に交換できます。そしてキズに強く、汗や汚れが付着しても、化学繊維であるので匂いがつくこともなく、外して丸洗いできるというメリットがあります。値段の方もウレタン製の物よりも安く販売しており、数百円で購入することもでき手軽に利用することができる利点もあります。